可撤式永久固定

「可撤式永久固定」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月24日

可撤式永久固定とは?

可撤式永久固定とは、歯周治療における永久固定の一つで、義歯による補綴処置が必要となる多数歯欠損症例で使用される。




可撤式永久固定の種類

可撤式永久固定の種類を以下に示す。
  • テレスコープシステム
  • スウィングロック
  • 連続鉤
  • バーアタッチメント



「可撤式永久固定」の文献・書籍など

【読み】

かてつしきえいきゅうこてい

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「歯周基本治療」に関連する他の用語