コンパウンド印象材

「コンパウンド印象材」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

コンパウンド印象材とは?

コンパウンド印象材とは、概形印象用材料のうちの1つである。コンパウンド印象材は天然樹脂から作られている。コンパウンド印象材は加圧印象材の典型的材料である。



コンパウンド印象材の特徴

コンパウンド印象材の特徴は以下である。
  • 棒状のものと板状のものがある。無歯顎印象の場合には、
    • 板状のもの:床基底面の印象に用いる
    • 棒状のもの:主に床辺縁の筋圧形成印象に用いる
  • 熱可塑性であり、45℃以上で流動、40℃以下で硬化する
  • 熱可塑性・可逆性であるため無歯顎の辺縁形成を行うのに適している
  • 非弾性のためアンダーカットの再現性は乏しい
  • 硬化時間は長く、流動性が小さい
  • ぬれは不良

コンパウンド印象材の組成

コンパウンド印象材の組成は以下より成る。
  • コパール
  • ロジン
  • パラフィンワックス
  • タルク
  • セラック
  • ステアリン酸
  • フィラー




「コンパウンド印象材」の文献・書籍など

【読み】

こんぱうんどいんしょうざい

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。