中心咬合位

「中心咬合位」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

中心咬合位とは?

中心咬合位とは、以下の2つの意味がある。
1) 下顎頭の位置とは関係なく、上下顎の咬合面が最大面積で接触、または、咬頭嵌合したときの顎位を中心咬合位という。中心咬合位は咬頭嵌合位と同義一般である。正常有歯顎者では、下顎頭は下顎窩内で顆頭安定位にある。このとき中心咬合位はポッセルト図形上では中心咬合位は習慣的開閉路の終わりにある。

2) 下顎が中心位で咬合したときの顎位のことを中心咬合位という。ただし、補綴学的に中心位の定義が不明確のため、本項の意味も多様となる。



中心咬合位と治療用義歯

治療用義歯を用いて筋や顎関節を正常な状態に回復させる処置は、使用中の義歯における人工歯の咬頭嵌合位を下顎頭位が安定した中心咬合位に一致させることが目的である。




「中心咬合位」の文献・書籍など

【読み】

ちゅうしんこうごうい

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.
『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。