巨舌症

「巨舌症」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

巨舌症とは?

巨舌症とは、舌が異常に大きくなったものである。巨舌症は一般的には舌と歯列弓との相対的関係で判断される。

巨舌症により開咬や嚥下障害、空隙歯列、上下顎前突などが起こりやすい。



巨舌症の原因

巨舌症は以下のような疾患にともなって見られることが多い。
  • リンパ管腫
  • 血管腫
  • Down症候群
  • Beckwith-Wiedemann症候群

巨舌症の治療方法

巨舌症は舌形成術を行うことで対応する。




「巨舌症」の文献・書籍など

【読み】

きょぜつしょう

【文献・書籍】

・『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000
・『SIMPLE TEXT口腔外科の疾患と治療 第3版』, 栗田賢一ら, 株式会社永末書店, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語