歯肉縁上スケーリング

「歯肉縁上スケーリング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月18日

歯肉縁上スケーリングとは

歯肉縁上スケーリングとは、歯肉縁上の歯石や、プラーク、着色をスケーラーで除去する操作のことである。歯肉縁上スケーリングでは主に、手用スケーラーのシックルタイプや超音波スケーラーを使って除去する。
歯肉縁上スケーリングによって歯石を除去することで、プラークの付着を阻害し、歯石が歯肉へ機械的刺激を与えることによる歯肉への為害作用をなくすことができる。





「歯肉縁上スケーリング」の文献・書籍など

【読み】

しにくえにしじょうすけーりんぐ

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

歯周基本治療の症例リスト

ブラッシングをすることなく、なんと20年間。
溜まりに溜まった歯石をお見せします。
このあと全顎的にスケーリングを行いました。

© 2019 Ali Dental Clinic

1Dでこの症例を見る
歯肉縁上スケーリングのビフォー・アフター症例

スケーリングのビフォー・アフター。

1Dでこの症例を見る

スケーリングタイム?‍⚕️⛏⛏⛏

1Dでこの症例を見る

「歯周基本治療」に関連する他の用語