エナメル小柱

「エナメル小柱」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エナメル小柱とは?

エナメル小柱とは、エナメル芽細胞によって形成される棒状構造で、ハイドロキシアパタイトの結晶が小柱鞘の中に充満したものである。エナメル小柱はエナメル質の構造単位であり、その長さはエナメル質の厚さに相当する。また、約4μm間隔でエナメル横紋が見られる。エナメル横紋は日周成長線と考えられており、連続直線として観察される。
エナメル小柱トームス突起が形成されていない時期(エナメル質の最表層と最深層)には見られない。

「エナメル小柱」の文献・書籍など

【読み】

えなめるしょうちゅう

【文献・書籍】

『口腔の発生と組織 改訂3版』, 田畑純, 南山堂, 2015

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事