円錐台

「円錐台」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

円錐台とは?

円錐台とは、金属の鋳造に用いられ、埋没体のるつぼを形成するもののことをいう。円錐台はゴム製か金属製、テフロン製があり、鋳造用リングと嵌合しなければならない。
ワックスパターンを植立する際は、鋳造圧によって底部が破壊されるのを防ぎ、鋳造鋳型内の通気性を保存するために鋳型と鋳造用リングの底面は6~8mm離す。



「円錐台」の文献・書籍など

【読み】

えんすいだい

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『スタンダード歯科理工学一生体材料と歯科材料一 第5版』, 楳本貢三ら, 株式会社学建書院, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。