エピテーゼ

「エピテーゼ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エピテーゼとは?

エピテーゼとは、腫瘍外傷炎症、先天奇形などが原因で生じた顔表面を含む実質欠損を非観血的に、 あるいは手術との併用により補填修復し、その形態的・審美的改善とともに,発語などの失われた機能の回復を図るために用いる人工物である。
エピテーゼは顎顔面補綴の中の口腔外処置に使われるものである。(口腔内処置としては顎義歯が使われる。)エピテーゼは顎義歯の欠損腔を補うオブチュレーター(栓塞子)とは区別される。
エピテーゼは独語Epitheseに由来し、英語ではエピテーゼはfacial prosthesisという。



エピテーゼの歴史

エピテーゼや顎義歯は本来「戦傷医学」の一分野で、銃創の対応策として開発・研究されてきたが、今日では腫瘍の摘出後の患者や口蓋裂患者を主体としている。




「エピテーゼ」の文献・書籍など

【読み】

えぴてーぜ

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語