スタンダードブラケット

「スタンダードブラケット」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

スタンダードブラケットとは?

スタンダードブラケットとは、ブラケットの種類のうちの1つである。スタンダードブラケットを用いた治療では、アーチワイヤーに各種のベンディングを加える。そのため、治療方法の違いによってブラケットを選択することが多い。



スタンダードブラケットの特徴

スタンダードブラケットの特徴は以下である。
  • 歯冠の唇頰側面に対して、ブラケットスロットが直角になるよう設計されている
  • 歯の大きさに合わせて種々のサイズがある

スタンダードブラケットの材質

スタンダードブラケットの材質は以下である。
  • 金属製:従来のもの。審美性に劣る
  • コンポジットレジン製:審美性に優れているが、もろく壊れやすい
  • セラミック製:審美性に優れているが、歯質より固いため、対合歯との接触で歯が顕著に磨耗することがある

スタンダードブラケットの種類・特徴

スタンダードブラケットには2種類ある。
  • シングルブラケット
    • 近遠心幅が狭い=隣接歯とのブラケット間が長い
    • セカンドオーダーベンドなど、ブラケット間にワイヤーベンドを加えやすい
    • 歯の捻転を起こしやすい
  • ツインブラケット
    • 歯の捻転を起こしにくい
    • ブラケット間へのワイヤーベンドを加えにくい




「スタンダードブラケット」の文献・書籍など

【読み】

すたんだーどぶらけっと

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「マルチブラケット」に関連する他の用語