クォードロン露出

「クォードロン露出」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

クォードロン露出とは?

クォードロン露出とは、ラバーダムを用いた術野隔離の方法の一つで臼歯部の治療の際に行われるものである。露出させる範囲は一般的に1/4顎で、具体的には最後方臼歯または第一大臼歯から反対側の側切歯あるいは第一小臼歯までを露出させる。

「クォードロン露出」の文献・書籍など

【読み】

くぉーどろんろしゅつ

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。