ナンスのホールディングアーチ

「ナンスのホールディングアーチ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月06日

ナンスのホールディングアーチとは?

ナンスのホールディングアーチとは、維持バンドと主線、レジン部から成る固定式の矯正装置である。




ナンスのホールディングアーチの構成

ナンスのホールディングアーチの構成は以下より成る。
  • 維持バンド
    • 歯の維持には通常バンドを用いる
    • 第一大臼歯に適用することが多い
    • 大臼歯遠心移動時には小臼歯にも用いる
  • 主線
    • 0.9〜1.0mmの矯正用線を使用する
    • 口蓋前方1/3部分を回り、正中部にレジンボタン維持のための屈曲が入る
    • 維持バンドへ近心から直接接するものと、1/2ループを付与し遠心から接するものがある
  • 維持部
    • 主線をバンドに接続する部分
    • 直接ろう着するものと、バンドに維持管をろう着しそれに脚部を挿入するものがある
  • レジン部
    • 口蓋前方部(切縁乳頭後方〜口蓋中央部にかけての斜面)
    • 粘膜維持のため

ナンスのホールディングアーチの作用

ナンスのホールディングアーチの作用は、維持歯の近心移動を防ぐことにある。そのメカニズムは以下である。
  • 左右の維持歯を連結→加強固定・レジン部による粘膜からの維持を得ること
  • 主線にループを組み込む→維持歯の遠心回転・多少の拡大が起こること

ナンスのホールディングアーチの適応

ナンスのホールディングアーチの適応は以下である。
  • 混合歯列期
    • 上顎第二乳臼歯の早期脱落→第一大臼歯の保隙
  • 永久歯列期
    • エッジワイズ法による抜歯時の加強固定
    • 大臼歯の遠心移動時に、小臼歯に応用し、側方歯の近心移動防止
    • レジン部に弾線・アーム付与による前歯移動

ナンスのホールディングアーチの注意点

ナンスのホールディングアーチの使用方法・注意点は以下である。
  • レジン部の粘膜面にはプラーク等がたまりやすいため注意が必要である
    • 維持歯の近心移動は、レジン部による粘膜の圧迫を引き起こす(歯肉炎症を増悪させる可能性)



「ナンスのホールディングアーチ」の文献・書籍など

【読み】

なんすのほーるでぃんぐあーち

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

「マルチブラケット」に関連する他の用語