ベッグ法・ジャラバック法

「ベッグ法・ジャラバック法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ベッグ法・ジャラバック法とは?

ベッグ法・ジャラバック法とは、いずれも力の弱くて持続的な矯正力を発揮する矯正装置である。ベッグ法・ジャラバック法はループを多用し、極力太いワイヤーを使用しないのが特徴である。ベッグ法では、歯の移動方式を傾斜移動としたため、エッジワイズブラケットを使用しないのが大きな特徴である。

Tweedらによって本格的な矯正治療が確立された頃は、ステンレス鋼ワイヤーが主に使用されていた。しかし、ステンレス鋼ワイヤーの強い矯正力による歯・歯周組織への影響が問題となり、ベッグ法・ジャラバック法が考案された。日本には1961年に榎、本橋らによってベッグ法が、三浦によってジャラバック法が導入された。

現在では、ニッケルチタン系のワイヤーを使用すれば、弱くて持続的な矯正力を発揮することができる。

「ベッグ法・ジャラバック法」の文献・書籍など

【読み】

べっぐほう・じゃらばっくほう

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語