Partsch切開

「Partsch切開」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

Partsch切開とは?

Partsch切開とは、口腔粘膜の切開法の一つである。



Partsch切開の切開線

Partsch切開の切開線は、膨隆部(弧)を歯頸側に向けた弓状の切開線である。
歯根尖(端)切除など根尖部の手術に適する。

Partsch切開の切開時の注意

Partsch切開の切開線は,歯頭部から少なくとも5mm以上離さないと歯頸側歯肉の壊死を招くことがある。

Partsch切開の適応ではない症例

Partsch切開は病変が歯根中央部まで及んでいる場合や歯周ポケットが深い場合は適応とはならない。


「Partsch切開」の文献・書籍など

【読み】

ぱるちせっかい

【文献・書籍】

『最新 口腔外科学 第5版』, 榎本昭二ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語