スミヤープラグ

「スミヤープラグ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

スミヤープラグとは?

スミヤープラグとは、象牙質を切削して生じた削り屑(象牙芽細胞の断片や細菌などを含む)のうち、象牙細管の開口部を封鎖しているものを指す。

「スミヤープラグ」の文献・書籍など

【読み】

すみやーぷらぐ

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。