チョッピングタイプ

「チョッピングタイプ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

チョッピングタイプとは?

チョッピングタイプとは、咀嚼運動時の切歯点における運動経路の前頭面観のうちの1つである。チョッピングタイプは、開閉口路がともに作業側にあり、開閉口路が接近した経路を描くタイプである。

咀嚼運動時の切歯点における運動経路の前頭面観は、
  • グラインディングタイプ
  • チョッピングタイプ
の2つに分けられる。

「チョッピングタイプ」の文献・書籍など

【読み】

ちょっぴんぐたいぷ

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。