インプラントオーバーデンチャー

「インプラントオーバーデンチャー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

インプラントオーバーデンチャーとは?

インプラントオーバーデンチャーとはインプラントの上部構造の一種で、インプラント体を支持の機構として使う義歯のことである。全部床義歯は下顎では顎堤の吸収が進んでいると支持や維持が不十分になる場合が多いが、吸収が進んだ分の支持や維持の不足を補う方法の1つがインプラントオーバーデンチャーである。
下顎では顎堤が吸収すると、下顎管に骨の上縁が近接し、インプラント体が埋入できないことがあるが、両側のオトガイ孔の間は解剖学的に問題なく埋入できることが多いので、ここに2~4本のインプラント体が埋入されるインプラントオーバーデンチャーが臨床で応用されている。



インプラントオーバーデンチャーの利点・メリット

インプラントオーバーデンチャーには、以下の利点・メリットがある。
  • 他の上部構造に比べて、術式や技工の操作が容易である
  • 埋入するインプラント体の本数が少ない
  • インプラントオーバーデンチャーインプラント体の本数が少なく、治療費は他の上部構造に比べて、安いことが多い

インプラントオーバーデンチャーの欠点・デメリット

インプラントオーバーデンチャーには、以下の欠点・デメリットがある。
  • オーバーデンチャーの中ににアタッチメント構造があるので、床の厚みが不十分な場合には破折の起点になる




「インプラントオーバーデンチャー」の文献・書籍など

【読み】

いんぷらんとおーばーでんちゃー

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事