地図状舌

「地図状舌」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

地図状舌とは?

地図状舌とは、外見上まるで地図のような見た目を呈する舌背部の粘膜異常である。地図状舌の症状が出ている部分には不規則な糸状乳頭萎縮・消失が起こっている。地図状舌に対する病的意義はなく、疾患とは考えられていない。地図状舌は小児や女性に多く見られる。



地図状舌の症状

地図状舌の主な症状は以下である。
  • 舌背部や舌辺縁に紅色部分と白色部分とが見られる
  • 自覚症状はない
  • まれに食事時の痛みを感じる
  • 舌乳頭萎縮部分の形は日ごとに変化する

地図状舌の原因

地図状舌は、舌粘膜のターンオーバー異常が原因と考えられているが、詳細は不明である。地図状舌はそれ以外にも、自律神経の異常やストレスなどが原因とも考えられている。

地図状舌の治療方法

地図状舌の治療は経過観察が主である。地図状舌は自覚症状があれば鎮痛剤の投与や副腎皮質ステロイドの軟膏塗布など、対症療法を行う。




「地図状舌」の文献・書籍など

【読み】

ちずじょうぜつ

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語