小帯異常

「小帯異常」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

小帯異常とは?

小帯異常とは、別名「小帯付着異常」「小帯強直症」とも呼ばれる、上唇小帯が通常よりも高位な位置(歯肉縁近く)に付着したものである。



小帯異常の症状

小帯異常の症状は以下である。
  • 正中離開(高い確率で起こる)
  • 清掃不良によるう蝕や歯周病
なお、舌小帯付着異常の場合は舌の運動障害が生じる。

小帯異常の原因

小帯異常の原因は、胎生期の索状組織の退縮不全である。

小帯異常の治療方法

小帯異常の主な治療方法は小帯形成術である(単純切離、V-Y形成術、Z形成術)。




「小帯異常」の文献・書籍など

【読み】

しょうたいいじょう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語