垂直性歯根破折

「垂直性歯根破折」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

垂直性歯根破折とは?

垂直性歯根破折とは、歯根を垂直性に破折線が走る歯根破折のことである。垂直性歯根破折をした歯は保存が難しく、抜歯の適応となる場合が多い。前歯部のメタルポストを装着している症例では、垂直性歯根破折が生じやすい。



垂直性歯根破折の特徴・所見・症状

垂直性歯根破折に特徴的な所見・症状としては、以下が挙げられる。
  • 幅の狭い孤立した歯周ポケット
  • 歯根を取り囲むエックス線透過像
  • 歯肉縁に近い部位に生じる瘻孔

垂直性歯根破折の原因

垂直性歯根破折が生じる原因としては、以下の要因が挙げられる。
  • 不適切なメタルポスト
  • 過度な根管拡大
  • 過剰な咬合力




「垂直性歯根破折」の文献・書籍など

【読み】

すいちょくせいしこんはせつ

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

口腔外科の診査・診断の症例リスト

色々あったので幾つかケースをあげます。

全て保険のケースになりますが、ご了承ください。

70代男性 左上1水平破折の症例です。

右上1はインプラントです。 歯頚線が整わなくても良い。 保険で良い。とのことでしたが、できる限り綺麗にしようと思い、圧排 縁下にて形成 寒天アルジネードにて印象後 tec →前装冠をsetしました。



術前・印象の写真は撮ってません。

保険でもしっかりやる事で、ある程度綺麗に仕上がりますし、スキャロップも作れます。

形成の時間ですが、メタルコアset 形成 印象 tecまでで1時間くらいです。慣れれば、そんなに時間はかからないかなと実感しています。

1Dでこの症例を見る

診査診断の方法を複数持ってるのは大事だと思った症例。
右上にサイナストラクトあり。自発痛無し、歯周ポケットは全周2~3mm。根尖透過像もあることから慢性根尖性歯周炎と思われた。
ルーチンにサイナストラクトトレースすると、根尖ではない場所を示した。麻酔をしボーンサウンディングすると局所的な骨の喪失があった。
VRFの可能性が高い事を説明し治療方針として放置か抜歯かを相談。患者さんは放置を選択。ただし今後トラブルが起きた場合は、除去して確定診断後に抜歯になる可能性が高い事を説明した。

1Dでこの症例を見る

少し前に担当した、40歳くらいの女性の患者さん。
Brによる右上6番の歯根破折症例でした。
Br撤去、16のEXT、4~6のオーバーデンチャー、という治療計画だったように記憶しています。
パノラマとデンタルしか手元に無く、すみません。

1Dでこの症例を見る