オーバーローテーションクリック

「オーバーローテーションクリック」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

オーバーローテーションクリックとは?

オーバーローテーションクリックとは、最大開口位における関節円板の後方転位のことである。オーバーローテーションクリックでは最大開口時にラクセーションが生じ、大きなリダクションクリックと共に自力で関節円板が復位し、閉口が可能となる。

「オーバーローテーションクリック」の文献・書籍など

【読み】

おーばーろーてーしょんくりっく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。