エンテロウイルス

「エンテロウイルス」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

エンテロウイルスとは?

エンテロウイルスとは、ピコルナウイルス科のエンテロウイルス属のウイルスである。エンテロウイルスはエンベロープがない一本鎖RNAウイルスである。これらのウイルスは腸管内で増殖するので腸管ウイルスともいう。



エンテロウイルス属に属するウイルスと疾患

エンテロウイルス属に属するウイルスと疾患を以下に示す。
  • ポリオウイルス→急性灰白髄炎(ポリオ)
  • エコーウイルス→無菌性髄膜炎
  • エンテロウイルス(EV)71型コクサッキーウイルス→手足口病
  • コクサッキーウイルス→ヘルパンギーナ




「エンテロウイルス」の文献・書籍など

【読み】

えんてろういるす

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

アカデミックの症例リスト

DNA Virus→herpes Virus、b型肝炎ウイルス
RNA Virus→レトロ Virus(htlv1.hiv)、パラミクソウイルス(mumps Virus、麻疹 Virus)、ピコルナ Virus(ポリオ Virus、コクサッキー Virus、エンテロ Virus)
上記の Virusでエンベロープをもたないのはピコルナ Virusのみ!

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語