遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)

「遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)とは?

遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)とは、ポンティックの近心あるいは遠心いずれかにのみ支台装置を持つブリッジのことである。



遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)の特徴

遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)は、一般的な両端に支台があり中央が欠損(ポンティック)になっているブリッジに比べて、支台歯の負担が大きい。そのため遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)では支台歯の数を増やしたり、圧力軽減のためポンティックの咬合面を縮小したりしなければならない。

遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)製作時の注意点

遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)を製作する時は以下に注意すべきである。
  • 前歯部遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)の場合:前方運動や側方運動時の誘導面は作らないこと
  • 第二大臼歯欠損の遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)の場合:ポンティックは対合歯の挺出防止のためにのみ利用し、咬合力の負担は避けること




「遊離端ブリッジ(延長ブリッジ)」の文献・書籍など

【読み】

ゆうりたんぶりっじ(えんちょうぶりっじ)

【文献・書籍】

『クラウン・ブリッジ補綴学 第4版』, 佐藤亨ら, 株式会社学建書院, 2014.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語