分裂舌(分葉舌)

「分裂舌(分葉舌)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

分裂舌(分葉舌)とは?

分裂舌(分葉舌)とは、胎生初期における外側舌隆起の癒合不全によって生じる。 分裂した舌である。
舌の前方部が正中で二分される二裂舌や三分される三裂舌を呈する。

分裂舌(分葉舌)は英語ではbifid tongueという。



分裂舌(分葉舌)がみられる症候群

分裂舌(分葉舌)は、口腔顔面指症候群の部分症状として認められることが多く、顔面では分裂舌のほかに正中唇裂、口蓋裂を伴うことが多い。




「分裂舌(分葉舌)」の文献・書籍など

【読み】

ぶんれつぜつ(ぶんようぜつ)

【文献・書籍】

『最新 口腔外科学 第5版』, 榎本昭二ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語