ベネット運動

「ベネット運動」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ベネット運動とは?

ベネット運動とは、下顎頭の運動のうちの1つである。ベネット運動は、作業側下顎頭と平衡側下顎頭の移動量・移動方向の差異によって生じる、下顎全体の側方への運動のことをいう。

例えば、側方滑走運動において、平衡側下顎頭は前下内方に動き、作業側下顎頭は外側への移動系を示すとする。その結果、下顎全体は作業側方向に横すべりすることになり、これをベネット運動という。

「ベネット運動」の文献・書籍など

【読み】

べねっとうんどう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

義歯製作の症例リスト

半調節性咬合器ではベネット運動とフィッシャー角は再現できない。
なんでフィッシャー角が再現できないかっていうと、矢状カロ角を再現した状態、つまり角度を固定した状態で矢状側方カロ角は再現ができないから。
間違ってたら教えてください笑
逆にベネット角と矢状カロ角は再現可能ということも大事!

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語