根分岐部病変

「根分岐部病変」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

根分岐部病変とは?

根分岐部病変とは、複根歯の根間中隔に歯周疾患による病変が波及した状態のことである。根分岐部病変はエックス線やファーケーションプローブ(根分岐部用探針)を用いて診査することができる。



根分岐部病変の原因

根分岐部病変は、エナメル突起(エナメル滴・エナメル真珠)や根面溝、樋状根などの歯の解剖学的異常が原因となる場合や、歯根破折や根管壁への穿孔(パーフォレーション)が原因となる場合がある。

根分岐部病変の分類

根分岐部病変の分類には、主に以下の分類がある。
  • Glickmanの根分岐部病変分類(水平方向)
  • LindheとNymanの根分岐部病変分類(水平方向)
  • Hampの根分岐部病変分類(水平方向)
  • Tarnow・Flecherの根分岐部病変分類(垂直方向)

根分岐部病変の治療法

根分岐部病変を治療する方法としては、主に以下のような治療法が挙げられる。
  • ファルカプラスティー(根分岐部形成術)
  • トンネリング(トンネル形成術)
  • 根分割法(ルートセパレーション)
  • ヘミセクション
  • トライセクション
  • 根切除術(ルートリセクション)
  • GTR法(歯周組織再生療法)




「根分岐部病変」の文献・書籍など

【読み】

こんぶんきぶひょうへん

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『歯周治療プラクティスマニュアル』, 五味一博士, 永末書店, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

アカデミックの症例リスト

これまで有効な治療法が無かった疾患の治療が可能になるなど、失われた組織を取り戻す「再生医療」が脚光を浴びています。
歯科医療も例外ではなく、特に歯周治療分野では盛んに再生医療の日常臨床への応用がされつつあります。

連載『歯周組織再生治療の今・未来』第3回では、こんにちの臨床でも応用されるGTR法がいったいどれほどの効果を有するのかを、フラップ手術と比較して検討してみました。

日本歯周病学会は「骨内欠損やⅡ度の根分岐部病変においては行うことが推奨される」が、「Ⅲ度の根分岐部病変に対しては明確なエビデンスが無く推奨されない」という立場を取っています。

GTR法、これまでとこれからの30年 | 歯周再生治療(1Dニュース)
http://news.oned.jp/perio-regenerative3/

1Dでこの症例を見る

Lindhe &Naymanの分類
それぞれ1度、2度、3度の定義は?

1Dでこの症例を見る

歯周治療をしていた患者さん。
右下のSRPは一度行い、あるとき46番の遠心辺縁がほんの少しかけたので尖っていたところを研磨。
その後46番の痛みを訴え来院されました。
何かとどこかが痛いと急患で来院される方です。

・歯周ポケット4〜8mm
・出血、排膿(+)
・分岐部病変Ⅲ度
・動揺Ⅱ度
・ブラキサー
・咬合痛、打診痛は44、45、46(+)
・Hys(+)
・冷温痛(+)
・電気歯髄診断は7で反応
・起きた時にじわーっとした痛み
・痛み止め常に服用
・仕事は毎日終電でストレスがある
・心配性で神経質

皆さんならどう診断され、何の処置を行いますか?

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事