クロスバイト(交叉咬合)

「クロスバイト(交叉咬合)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

クロスバイト(交叉咬合)とは?

クロスバイトとは、咬頭嵌合位において、上下顎の歯列弓が左右的に交叉して咬合している状態のことである。クロスバイトは日本語では交叉咬合ともいう。
クロスバイト(交叉咬合)には、臼歯部咬合状態も両側でクロスバイト(交叉咬合)になっている場合、片顎のみクロスバイト(交叉咬合)になるものもある。片顎のみクロスバイト(交叉咬合)になっている場合、上下の正中線は一致しないことが多い。


「クロスバイト(交叉咬合)」の文献・書籍など

【読み】

くろすばいと(こうさこうごう)

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

歯列・骨格の症例リスト

『MFTのみで改善!』
1番がクロスバイトになってしまった子。

低位舌の傾向は感じていたので、
スポットポジションを教えて1ヶ月。

口腔内を見てびっくり!
MFTだけで1ヶ月でこんなに変わるの!?
装置は一切使っていません!

マジメな子ならここまでできるのかと、
僕自身驚いてしまいました。

1Dでこの症例を見る

クロスバイトの症例に対する非抜歯での上下顎マルチブラケット矯正ケースです。

1Dでこの症例を見る