鼻歯槽嚢胞

「鼻歯槽嚢胞」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

鼻歯槽嚢胞とは?

鼻歯槽嚢胞とは、別名「Klestadt嚢胞」とも言われる軟組織の発育性嚢胞である。鼻歯槽嚢胞は30〜40代女性に多く発症する。鼻歯槽嚢胞の内容液は黄色〜褐色で、漿液性である。

鼻歯槽嚢胞はT2強調MRIで高信号像を示し、造影X線では境界明瞭な不透過像が見られる(MRI普及前は造影X線検査が行われていた)。



鼻歯槽嚢胞の症状

鼻歯槽嚢胞の症状は以下である。
  • 鼻翼基底部と口唇の間の腫脹
  • 痛みはない
  • 波動を触知する
  • Gerber隆起が見られる

鼻歯槽嚢胞の原因

鼻歯槽嚢胞の原因は、鼻涙管原基の上皮遺残である。

鼻歯槽嚢胞の治療方法

鼻歯槽嚢胞は摘出で予後良好であることが多い。




「鼻歯槽嚢胞」の文献・書籍など

【読み】

びしそうのうほう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語