酸蝕症

「酸蝕症」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

酸蝕症とは?

酸蝕症とは、非齲蝕性硬組織疾患の一つで、酸の作用により歯質が脱灰することによって起きる歯の化学的な欠損の病態である。酸蝕症は英語でtooth erosionといい、侵蝕症ともいう。



酸蝕症の分類

酸蝕症は原因によって分類され、職業性の酸蝕症、習慣性嘔吐や胃食道逆流症による酸蝕症、酸性食品の多量摂取によっておきる酸蝕症などの種類がある。
職業性の酸蝕症はバッテリー工場やメッキ工場の従事者に見られたが、労働安全衛生法により予防を徹底することにより罹患率は減少している。
習慣性嘔吐や胃食道逆流症による酸蝕症や、酸性食品の多量摂取による酸蝕症は年々増加傾向にある。

酸蝕症の度合いによる分類

酸蝕症は度合いによっても分類することができる。酸蝕症の度合いによる分類は以下である。
  • 歯の酸蝕症の分類 1度:歯の表面のみが侵害されたもの
  • 歯の酸蝕症の分類 2度:歯の表面の実質欠損がエナメル質から象牙質に到達し、象牙質の露出により固有の黄色が現れたもの
  • 歯の酸蝕症の分類 3度:実質欠損により象牙質が完全に露出し、歯髄近くまたは歯髄まで及んだもので、歯冠部の約半分近く欠損しているもの




「酸蝕症」の文献・書籍など

【読み】

さんしょくしょう

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.
『エンドドンティクス 第2版』, 興地隆史ら, 株式会社永末書店, 2018.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

Tooth Wearの症例リスト

胃食道逆流症に伴う酸蝕症をオールセラミッククラウンで補綴した症例

54歳の患者さんの、酸蝕症の症例を報告します。酸蝕症は、歯にとって審美的にも機能的にも悪い影響を及ぼしています。この症例の場合は、胃食道逆流症に伴い、主に上顎前歯部に酸蝕症が現れています(画像1・画像2:初診時の口腔内写真)。

本症例では、オールセラミッククラウンを用いて間接法で酸蝕症の修復処置を行いました。完成した補綴物(画像3)、装着直後の口腔内写真(画像4・画像5)、装着後6ヶ月後の口腔内写真(画像6)をそれぞれ示します。
酸蝕症の患者は、近年増加傾向にあります。

他の疾患よりも酸蝕症の場合は、補綴後のフォローアップとカウンセリングが、長期の良好な予後のために非常に重要になってきます。

出典:Mohammed Thamer AlShahrani, Satheesh B. Haralur, Mohammed Alqarni. Restorative Rehabilitation of a Patient with Dental Erosion. Case Rep Dent. 2017.

1Dでこの症例を見る

「歯ブラシ新しくして1週間です」と言うから、安心して歯ブラシ見せてもらったらこの状態。
どれだけ圧強いのよ…歯ブラシ自体も抵抗力ないの使ってるのか?

ちなみに口腔内写真は2枚目。
摩耗、咬耗が顕著。酸蝕症はあるのかなぁ…今度聞いてみよう。
これがいわゆるtooth wearだね。

1Dでこの症例を見る

これってなに原因か分かる方居ますか?

往診先で相談されました?
よろしくお願いします

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事