側枝

「側枝」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

側枝とは?

側枝とは、歯の根管の形態の一つで、主根管に対しほぼ直角に分岐し歯根膜に通じるものである。
側枝は根管側枝ともいう。
側枝には、歯髄組織があることもある。




側枝の診断方法

側枝は、デンタルエックス線写真で診断する。

側枝と根尖性歯周炎

側枝は根尖性歯周炎の原因になる事がある。細菌感染が歯髄から側枝を通り歯根膜に達し、歯肉に達した場合、根尖性歯周炎に罹患することがある。





「側枝」の文献・書籍など

【読み】

そくし

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

感染根管治療の症例リスト

"抜去歯は最高の教師である"。
根管について学ぶ上での格言です。

#こんな根管は嫌だ

© 2019 Dentistry World / Dr.Rauf Ahmed

1Dでこの症例を見る