化膿性顎関節炎

「化膿性顎関節炎」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

化膿性顎関節炎とは?

化膿性顎関節炎とは、細菌感染による顎関節炎である。



化膿性顎関節炎の症状

化膿性顎関節炎の主な症状は以下である。
  • 顎関節部の異常
    • 腫脹
    • 痛み
    • 熱感
    • 運動障害
    • 咬合異常
  • 臼歯部離開
  • 下顎正中の健側変位

化膿性顎関節炎の原因

化膿性顎関節炎の原因は、近接する感染病巣からの波及や血行感染などである。

化膿性顎関節炎の検査所見

化膿性顎関節炎の検査所見は以下である。
  • MRI検査
    • 関節軟組織の腫脹
    • 関節腔の滲出液、膿汁の貯留
  • 血液検査
    • 白血球数の増加
    • CRP亢進
通常の細菌感染症と同様の所見が見られる。

化膿性顎関節炎の治療方法

化膿性顎関節炎の治療方法は以下である。
  • 抗菌薬・抗炎症薬の投与
  • 切開・排膿
  • 関節腔の洗浄
  • 下顎の安静(開口制限)
症状が落ち着いたら、開口訓練を行い関節の癒着を防止する。




「化膿性顎関節炎」の文献・書籍など

【読み】

かのうせいがくかんせつえん

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。