含歯性嚢胞

「含歯性嚢胞」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

含歯性嚢胞とは?

含歯性嚢胞とは、エナメル器に由来する歯原性嚢胞である。含歯性嚢胞は10〜30代の埋伏歯好発部位に生じることが多い。中でも含歯性嚢胞は下顎第3大臼歯部に生じることが最も多く、上顎では前歯部・犬歯・第3大臼歯部に生じることが多い。含歯性嚢胞は女性よりも男性に多く生じる。



含歯性嚢胞の症状

含歯性嚢胞は大部分が無症状である。しかし嚢胞が大きくなると顎骨膨隆、さらに嚢胞が大きくなると骨の吸収による波動が触れる。含歯性嚢胞の嚢胞内溶液は透明〜淡黄色で、漿液性である。

含歯性嚢胞は、埋伏歯の歯冠を含む、境界明瞭な単胞性X線透過像(ごくまれに多胞性)が見られることで発見されることが多い。画像所見における含歯性嚢胞は、エナメル上皮腫や角化嚢胞性歯原性腫瘍との鑑別が難しい。そのため、病理検査の結果が決め手となる。

含歯性嚢胞の原因

含歯性嚢胞の原因は、退縮エナメル上皮と歯冠の間、あるいは退縮エナメル上皮の細胞層の間に駅が溜まることである。

含歯性嚢胞の治療方法

含歯性嚢胞は、嚢胞の摘出や埋伏歯の抜歯により予後良好となることが多い。患者が若年者である場合は、摘出の前に開窓を行い、含歯性嚢胞の縮小をはかるとともに埋伏歯の萌出を期待することもある。




「含歯性嚢胞」の文献・書籍など

【読み】

がんしせいのうほう

【文献・書籍】

・『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.
・『SIMPLE TEXT口腔外科の疾患と治療 第3版』, 栗田賢一ら, 株式会社永末書店, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

口腔外科疾患の症例リスト

【珍しいKissing Tooth】
Pt:既往のない30代
S:右下に違和感がある。腫れたこともある。
O:48、49のKissing Tooth、含歯性嚢胞も認められた。
A:47遠心のポケットから侵入した細菌が原因で含歯性嚢胞が急性化して腫れたのだろう。48歯冠側面、49根尖部は下顎管を圧排、交差してた。処置部位の大きさ、患者負担を考えて全身麻酔を提案した。
P:全身麻酔下にて抜歯嚢胞摘出術
D:同上。実施術式の変更なし。
C:埋伏抜歯は開けた窓の手前アンダーに入り込んだ部位が大きいと難しいなと再確認した。

写真1枚目:術前
写真2枚目:フラップ後
写真3枚目:開窓後
写真4枚目:抜歯後
写真5枚目:術後

1Dでこの症例を見る

60歳の患者さんです。パントモで含歯性嚢胞と診断され、全身麻酔下で、病変の摘出および上顎右側第三大臼歯のEXTを行いました。

1Dでこの症例を見る

右側下顎枝に巨大な放射線透過像が認められます。
パノラマを見た感じ、おそらく含歯性嚢胞だと思われます😷🦷

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語