義歯脱離筋

「義歯脱離筋」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

義歯脱離筋とは?

義歯脱離筋とは、義歯の脱離に関与する筋である。義歯脱離筋の活動により、デンチャースペースの前庭と舌側溝の位置および形態が変化する。したがって、義歯脱離筋は印象採得時の辺縁形成に活用される。

義歯維持筋としては
  • 咬筋
  • オトガイ筋
  • オトガイ舌筋
  • 舌舌骨筋
  • 内側翼突筋
  • 口蓋舌筋
  • 茎突舌筋
  • 上唇を動かす筋群
などが挙げられる。




義歯脱離筋の特徴

義歯脱離筋の特徴は以下である。
  • 筋線維の走行が顎堤と直行または斜交している





「義歯脱離筋」の文献・書籍など

【読み】

ぎしだつりきん

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。