ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)

「ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)とは?

ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)とは、口底蜂窩織炎のうち、炎症が後方に拡大し、翼突下顎隙、側咽頭隙に達し、咽頭浮腫が生じ呼吸困難になった症例である。



ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)と口底膿瘍の比較

ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)は炎症の拡大速度が早く、波動を触知するのは困難である。
気泡爆鳴(ブツブツという音)を聞くことが有る。

ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)の治療法

ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)に対しては、静脈内投与による適切な抗菌薬の投与と、感染している隙のドレナージが必要である。切開排膿処置は口腔内外からのアプローチがはかられ、早期に広く切開し、各層各方向に排膿路をつくり、内圧を減少させることが重要である。また、安静、水分摂取、栄養、解熱など全身状態の改善をはかることも同じく重要である。




「ルードヴィッヒアンギナ(Ludwig's angina)」の文献・書籍など

【読み】

るーどゔぃっひあんぎな

【文献・書籍】

『カラーアトラス サクシンクト口腔外科学 第3版』, 内山健志ら, 株式会社学建書院, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語