癒合歯

「癒合歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

癒合歯とは?

癒合歯とは、2つの歯がまだ未完成のとき、つまり歯胚の状態のときに合体したものである。歯髄が癒合部で合一しているのが特徴的である。癒合歯にはまれに第二象牙質の発生により後天的に歯髄が二分していることもある。



癒合歯の特徴

癒合歯の特徴を以下に示す。
  • 癒合歯は正常歯の間で起きることが多く、過剰歯との間は比較的少ない
  • 癒着歯は主として下顎に発生する
  • 癒着歯は上顎にできることは稀である
  • 永久歯よりも乳歯に多い。
  • 一種の退化形と考えられている。

癒合歯と癒着歯との違い

癒合歯と癒着歯の違いは、癒着歯はセメント質を介して2つの歯がつながっているが、癒合歯は歯髄腔を共有していることが特徴的である。


「癒合歯」の文献・書籍など

【読み】

ゆごうし

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

口腔外科疾患の症例リスト

癒合歯は、歯胚が融合したり、歯の萌出までの段階で結合することによって生じます(癒着歯は、それぞれに独立した歯髄腔を持っています)。
しかし癒合歯は、正常な歯胚と異常な歯胚が融合するケースもあり、その場合は1歯分の根管であるため分割することができず、歯冠が大きいままにしておくしかありません。

1Dでこの症例を見る

珍しい3本の歯がつながってできた癒着歯です。
BA┐とその遠心の過剰歯の癒着
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3533612/

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語