大脳鎌の石灰化

「大脳鎌の石灰化」とは?歯科用語を解説
2019年10月06日

大脳鎌の石灰化とは?

大脳鎌の石灰化とは基底細胞母斑症候群(ゴーリン症候群, Gorlin syndrome)の所見の一部である。大脳鎌とは、脳硬膜が正中で突出した部分で、脳梁まで達する。大脳鎌の石灰化は、頭部後前方向撮影法や、頭部前後方向撮影法といった撮影方法で撮影することができる。

「大脳鎌の石灰化」の文献・書籍など

【読み】

だいのうがまのせっかいか

【文献・書籍】