大脳鎌の石灰化

「大脳鎌の石灰化」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

大脳鎌の石灰化とは?

大脳鎌の石灰化とは基底細胞母斑症候群(ゴーリン症候群, Gorlin syndrome)の所見の一部である。大脳鎌とは、脳硬膜が正中で突出した部分で、脳梁まで達する。大脳鎌の石灰化は、頭部後前方向撮影法や、頭部前後方向撮影法といった撮影方法で撮影することができる。

「大脳鎌の石灰化」の文献・書籍など

【読み】

だいのうがまのせっかいか

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

全身管理の症例リスト

基底細胞母斑症候群(Gorlin-Goltz症候群)と診断された18歳の男性。
基底細胞母斑症候群は、顎に多発する角化嚢胞や基底細胞癌です。角化嚢胞は10歳代から症状が出現する場合が多く、一方で基底細胞癌は20歳代以降に現れます。
患者のうち6割は巨頭症をはじめとする特有の外観を呈します。大脳鎌の石灰化を認めることも多いです。
なお基底細胞母斑症候群の平均余命は健常者と差はほぼありません。

1Dでこの症例を見る