金属床義歯

「金属床義歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

金属床義歯とは?

金属床義歯とは、金属床(義歯床粘膜面の一部、あるいは全部を形づくる義歯床の金属部分)が組み込まれた義歯のことである。



金属床義歯の利点と欠点

金属床義歯の利点と欠点は以下の項目が挙げられる。

金属床義歯の利点・メリット

  • 薄く出来る。(異物感が少ない)
  • 強靭である。
  • 熱伝導性がいい。(味覚への影響が少ない。)
  • 吸水性がなく、清潔。


金属床義歯の欠点・デメリット

  • 修理やリラインがしにくい。
  • 重い
  • 製作に手間がかかる。
  • 高価である。 




「金属床義歯」の文献・書籍など

【読み】

きんぞくしょうぎし

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

義歯製作の症例リスト

上下のサンプルです。

1Dでこの症例を見る

金属床×ノンクラスプ片側タイプ

1Dでこの症例を見る

こうゆうのも造ったことあります、『南無阿弥陀仏』w w w

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事