合着

「合着」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

合着とは?

合着とは、支台歯などの形成歯や窩洞に対する修復物の装着方法の一つであり、接着とは区別される方法である。合着とは、形成歯面の凹凸と修復物表面の間に、セメントが存在することで、機械的強度をもたせ修復物が保持される修復物の装着方法である。合着の強度は、修復物と形成歯面の摩耗抵抗性やセメントの強度に依存する。


合着の特徴

合着のメリットとして、セメント除去が簡単であり、操作性に優れている。合着のデメリットとして、保持形態が必要であり侵襲性が高まること、マイクロリーケージの恐れが高まることが挙げられる。


「合着」の文献・書籍など

【読み】

ごうちゃく

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

この用語が出てくる記事