Jankelsonの分類(咬頭嵌合位における早期接触)

「Jankelsonの分類(咬頭嵌合位における早期接触)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

Jankelsonの分類(咬頭嵌合位における早期接触の分類)とは?

Jankelsonの分類とは、咬頭嵌合位における早期接触の分類である。Jankelsonの分類はJankelson Ⅰ級、Jankelson Ⅱ級、Jankelson Ⅲ級に分けることができる。Jankelsonの分類にしたがって、咬頭嵌合位で早期接触が認められる場合は、咬合調整を行う。



Jankelsonの分類

Jankelsonの分類は、以下に示す通りである。

【Jankelson Ⅰ級】
  • 上顎前歯部舌側面と下顎前歯部唇側面との早期接触
  • 上顎臼歯部頬側咬頭舌側斜面と下顎臼歯部頬側咬頭頬側斜面との早期接触

【Jankelson Ⅱ級】
  • 上顎臼歯部舌側咬頭舌側斜面と下顎臼歯部舌側咬頭舌側斜面との早期接触

【Jankelson Ⅲ級】
  • 上顎臼歯部舌側咬頭頬側斜面と下顎臼歯部頬側咬頭舌側斜面との早期接触

早期接触の咬合調整

Jankelsonの分類により咬頭嵌合位における早期接触が認められた場合、咬合調整を行う。早期接触の咬合調整は、Jankelsonの分類にしたがって以下のように行う。
  • Jankelson Ⅰ級:下顎頬側咬頭と頬側(外)斜面を削合
  • Jankelson Ⅱ級:上顎の舌側咬頭と舌側(外)斜面を削合
  • Jankelson Ⅲ級:下顎の頬側咬頭の舌側(内)斜面を削合




「Jankelsonの分類(咬頭嵌合位における早期接触)」の文献・書籍など

【読み】

じゃんけるそんのぶんるい(こうとうかんごういにおけるそうきせっしょく)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

咬合調整の症例リスト

主訴:左上4痛い
欠損補綴はインプラント以外希望
審美面は特に強い要望なし、喫煙多い、過去に欠損補綴の既往歴はなし
左側臼歯部の早期接触によるCRとICPのズレを原因とする咬合性外傷を伴う慢性歯周炎と診断し、その後、本人の希望もあり、左上45抜歯、上下ともに保険義歯を作成し、初期治療中です。
治療方針等何かあればご教授お願いいたします。

1Dでこの症例を見る