マージン

「マージン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月21日

マージンとは?

マージンとは、支台歯形成における歯頚部辺縁形態、あるいは修復物における辺縁部のことである。マージンは英語でmarginといい、「辺縁」や「辺縁部」と訳される。
マージン・歯頚部辺縁形態は補綴物の適合および辺縁封鎖に深く関係するため、支台歯形成において意識すべき重要な部位である。




マージンの歯頚部辺縁形態

マージンの歯頚部辺縁形態、すなわちマージン形態には、以下のような種類がある。
  • ナイフエッジ
  • シャンファー
  • ショルダー
  • ベベルドショルダー





「マージン」の文献・書籍など

【読み】

まーじん

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

クラウン・ブリッジの症例リスト

【前歯部形成印象、TEK】
Pt:既往のない20代女性。下記Sを主訴に当科初診。CRの2次カリエスからの歯髄壊死、慢性根尖膿瘍であった。RCF後、補綴処置を希望された。
S:歯ぐきが腫れてきた。綺麗に治してほしい。
O:C3処置歯、デンタル上で根尖は治癒過程。
A:CR充填で終えることも考えられたがもともとCRしている範囲や、今後の根破折・変色の可能性を説明した上で歯冠補綴の選択肢となった。
P:形成印象、TEK作成
D:同上、印象はダブルコードテクニックを用いて行った。
C:TEK形態の善し悪しはあるが大事なのはやっぱりマージンのフィットだな、と改めて考えさせてくれた症例でした。たまに症例写真で見る印象で歯肉溝にすごく厚いシリコンが入り込んでいて、石膏模型でめっちゃマージンが見える印象法、どなたか教えて下さい。。

写真1枚目:形成後
写真2枚目:シェルTEKマージン調整
写真3枚目:ダブルコードテクニックを用いた印象の印象面
写真4枚目:ファイナルセット前、TEKを取ったところ
写真5枚目:ユニセムにて接着
写真6枚目:セット後1w

1Dでこの症例を見る

初めて投稿します。ガッツり生物学的幅径を侵してますが、ファイバーポストで処置しました。

1Dでこの症例を見る

【HIT印象(もどき)】
何をもってHIT 印象とするかは知らないのですが、出来るだけ深くマージンにシリコン流し込みたいなと思いトライしてみました。
一次印象はパテタイプのシリコンで取ってます。
その後印象取りたい歯(この症例では36、37)のマージン部のシリコンをメスでトリミングします。
この時適切に圧がかかるようにトン路も作っておきました。
二次印象はウォッシュタイプのシリコンを模型、口腔内に盛りました。
セカンドコードは二次印象前に取っています。

いい感じっぽいですが、気泡を入れずに石膏を盛るのが大変そうな印象とのこと(DT談)

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事