オトガイ唇溝

「オトガイ唇溝」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

オトガイ唇溝とは?

オトガイ唇溝とは、下唇とオトガイ部との境界の皮膚を横走する弓形の浅い溝のことである。



解剖学的なオトガイ唇溝の意義

オトガイ唇溝は解剖学的なランドマークである。解剖学的には下唇は赤唇縁からオトガイ唇溝までが下唇であり、オトガイ唇溝より下がオトガイ部である。

臨床的なオトガイ唇溝の意義

オトガイ唇溝は老人様顔貌の評価、咬合高径の評価、下顎義歯の前歯部人工歯排列位置、義歯床翼の豊隆などの指標となる。
オトガイ唇溝は咬合高径の低下や無歯顎となることにより消失するので、オトガイ唇溝の消失は老人様顔貌の所見のひとつといえる。




「オトガイ唇溝」の文献・書籍など

【読み】

おとがいしんこう

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。