キーパー

「キーパー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

キーパーとは?

キーパーとは、義歯に使われる磁石の保磁子である。
磁性ステンレス鋼などを材料とした板状の形態を有する歯科用磁性アタッチメントの構成要素の1つであり、磁石構造体に吸着して閉磁路を構成する。
キーパーは支台歯側には磁石と引き合うステンレス板として埋め込まれる。

「キーパー」の文献・書籍など

【読み】

きーぱー

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『スタンダードパーシャルデンチャー補綴学 第3版第1刷』, 藍稔ら, 株式会社学建書院, 2016.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事