アンテリアレイシオ

「アンテリアレイシオ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月02日

アンテリアレイシオとは?

アンテリアレイシオ(Anterior ratio)とは、上下顎6前歯の歯冠幅径を比較したバランスを表し、矯正治療における指標となる。オーバーオールレイシオ(Overall ratio)、ポステリアレイシオ(Posterior ratio)とともにトゥースサイズレイシオ(Tooth size ratio)の1つとして含まれる。

アンテリアレイシオの求め方

アンテリアレイシオの求め方は以下の通りである。

(下顎6前歯の歯冠幅径の総和(mm))/(上顎6前歯の歯冠幅径の総和(mm))×100(%)

※日本人の標準値:78.09±2.19%



「アンテリアレイシオ」の文献・書籍など

【読み】

あんてりあれいしお

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。