腺腫様歯原性腫瘍

「腺腫様歯原性腫瘍」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

腺腫様歯原性腫瘍とは?

腺腫様歯原性腫瘍とは、若年者に多い歯原性腫瘍で、10代の患者がおよそ6割を占める。腺腫様歯原性腫瘍は上顎犬歯部に発症しやすく、ついで下顎前歯部〜小臼歯部が多い。

腺腫様歯原性腫瘍はX線画像で境界明瞭な円形の透過像を示す。腺腫様歯原性腫瘍のX線透過像の中には不透過像は点在し、これは石灰化物によるものである。腺腫様歯原性腫瘍は埋伏歯を含むことが多く、X線画像上だけでは石灰化上皮性歯原性腫瘍との見極めが難しい。

腺腫様歯原性腫瘍は病理検査では、細胞間の隙間にエオシンで好染する好酸性物質が見られる。また粒状の石灰化物や、アミロイド様物質も見られる。



腺腫様歯原性腫瘍と石灰化上皮性歯原性腫瘍の見極め方

腺腫様歯原性腫瘍は、病理検査で以下のような所見も示す。
  • 実質は円柱または高円柱状の細胞が配列し、腺菅様構造を形成している
  • 花冠状構造(円柱状細胞が2層に配列した構造)の周りを、紡錘形の細胞が囲んでいる
これらの所見により、石灰化上皮性歯原性腫瘍と見極めることができる。

腺腫様歯原性腫瘍の症状

腺腫様歯原性腫瘍の症状は、顎骨の膨隆で痛みはない。

腺腫様歯原性腫瘍の原因

腺腫様歯原性腫瘍の原因は、エナメル器由来の腺上皮細胞である。

腺腫様歯原性腫瘍の治療方法

腺腫様歯原性腫瘍の治療は摘出が主である。腺腫様歯原性腫瘍の摘出は容易で、再発が少ない。




「腺腫様歯原性腫瘍」の文献・書籍など

【読み】

せんしゅようしげんせいしゅよう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語