リライン

「リライン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

リラインとは?

リラインとは、義歯床粘膜面の一層だけを新しい床用材料に置き換えて義歯床下粘膜との適合を図ることである。



義歯のリラインの適応条件

義歯のリラインが適応される条件としては、以下の症例が挙げられる。
  • 義歯床が不適である
  • 下顎位・咬合高径・咬合関係が適切または調節可能である
  • 義歯床が劣化・変色していない

義歯のリラインに使用される材料の分類

義歯のリラインに使用される材料の分類は、以下である。
  • 硬質リライン材
  • 軟質リライン材:シリコーン系とアクリル系がある
  • ティッシュコンディショナー(アクリル系機能印象材)




「リライン」の文献・書籍など

【読み】

りらいん

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

義歯製作の症例リスト

臨床において、総義歯を新製し装着した時、あまり吸着が得られていない場合はその日に直接法リラインをすることはありますか。
初歩的な質問ですが回答よろしくお願いします。

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事