概形印象採得

「概形印象採得」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

概形印象採得とは?

概形印象採得とは、歯や欠損部顎堤を予備的に採得する印象採得の方法である。概形印象採得では、義歯の製作において機能運動を行わせながら印象域の概形を記録を行う。概形印象採得は英語ではpreliminary impressionという。
概形印象を採得することで、研究用模型の製作や咬合関係の診査、床縁の位置決定、義歯の仮設計、個人トレーの製作などを行うことができる。



概形印象採得の目的

概形印象採得の目的としては、以下の点が挙げられる。
  • 対象となる印象域の概形を得ること
  • 診断や治療計画の立案、個人トレー製作のための研究用模型を得ること

概形印象採得の材料

概形印象採得に用いられる印象材としては、以下のような材料がある。
  • アルジネート印象材
  • コンパウンド印象材




「概形印象採得」の文献・書籍など

【読み】

がいけいいんしょうさいとく

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

印象採得の症例リスト

【概形印象】
義歯作成のステップで概形印象は大切なフェーズだと思っています。
古い道具でも慣れたものを使う、少し工夫することでうまくいくんだなと思うようになりました。

1Dでこの症例を見る

適切な概形印象と得られた情報をもれなく反映させた研究模型。総義歯製作の臨床操作における最初のステップですが、ここが大切と考えます。

1Dでこの症例を見る

同じ症例に対する概形印象だが、手技により表現される結果は大きく異なります。右側のような印象が適切だと考えています。

1Dでこの症例を見る