咬合挙上板

「咬合挙上板」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

咬合挙上板とは?

咬合挙上板とは、過蓋咬合改善のための矯正装置である。咬合挙上板は機能的矯正装置のうちの1つで、舌や口腔周囲筋自体の力、装置を介した筋力を利用したものである。



咬合挙上板の構成

咬合挙上板の構成は以下から成る。
  • レジン床
  • 維持装置
咬合挙上板において、上顎前歯舌側部はレジンを盛り上げ、咬合平面と平行に形成する。

咬合挙上板の作用

咬合挙上板装着時における作用は以下である。
  • 下顎前歯切縁に圧下の力が作用する
  • 臼歯部は咬合しない状態となり、歯の挺出が起こる
これらが起こった後、咬合挙上板を除去すると前歯部の過蓋咬合は改善されている。

咬合挙上板の適応

咬合挙上板の適応は過蓋咬合である。

咬合挙上板の使用方法・注意点

咬合挙上板は、それぞれの歯が均等に接触するよう調整を行う。これは咬合挙上板により下顎前歯切縁にのみ咬合力が作用するため、過重負担を避けるためである。

また咬合挙上板使用中に、下顎前歯に過度の動揺・疼痛が見られた場合は使用を中止させる。この場合患者には来院してもらい、指導を行う必要がある。


「咬合挙上板」の文献・書籍など

【読み】

こうごうきょじょうばん

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「マルチブラケット」に関連する他の用語