カスタムアバットメント

「カスタムアバットメント」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

カスタムアバットメントとは?

カスタムアバットメントとは、既製品でないアバットメントのことである。アバットメントには「既製アバットメント」と「カスタムアバットメント」がある。セメント固定式上部構造に天然歯と調和した歯冠形態を再現するためには、カスタムアバットメントが有利である。




カスタムアバットメントの制作法の種類

カスタムアバットメントは製作法により、①鋳造(鋳接)、② CAD/CAM応用の2種類がある。

CAD/CAM応用の既製アバットメントの特徴

CAD/CAM応用の既製アバットメントの特徴を以下に示す。
  • 生体親和性に優れる
  • インプラント体の最上部からのエマージェンスプロファイルを付与できる
  • 上部構造と調和したアバットメントサイズで制作ができる





「カスタムアバットメント」の文献・書籍など

【読み】

かすたむあばっとめんと

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事