内側翼突筋

「内側翼突筋」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年08月02日

内側翼突筋とは?

下顎枝の外側に停止する咬筋とともに下顎枝を内側からV 字型に挟む位置にある筋である。咬筋とほぼ鏡像の関係にあり、咬筋と同じように閉口に関与する。


内側翼突筋の位置

内側翼突筋は、翼状突起外側板の内面と翼突窩から起始する深頭(大部)と上顎結節と翼状突起外側板外面の一部から起始する浅頭(小部)に区別され、下顎枝内面(翼突筋粗面)に停止する。

内側翼突筋の機能

内側翼突筋は下顎骨を挙上し、前方運動にも補助的に働く。また内・外側翼突筋と下顎枝の内面で挟まれる部位は翼突下顎隙(pterygomandibular space)とよび、臨床上きわめて重要である。

内側翼突筋への血液の供給

内側翼突筋への血液の供給は翼突筋枝(pterygoid branches)と頬動脈(buccal artery)から行われる。

翼突筋枝(pterygoid branches)は、外側翼突筋および内側翼突筋に血液を供給する。内側に向かって数本の枝顎動脈から分枝するが、両翼突筋には、後述する頬動脈からも血液が供給される。

頬動脈(buccal artery)外側翼突筋の外側で、後および前深側頭動脈の中間で派出し、外側翼突筋の上頭と下頭の間を出てくる頬神経(下顎神経)とともに頬筋に分布する。途中、両翼突筋に血液を供給するとともに頬腺にも枝を送る。顔面動脈や後述の眼窩下動脈と吻合をもつ。

内側翼突筋の神経支配

内側翼突筋は三叉神経の枝の下顎神経の枝の内側翼突筋神経が支配する。

内側翼突筋神経は下顎神経の内側から起こり、下行して内側翼突筋深頭に入る。この神経は起始部の近くで次の2 枝を出す。

cf.ロ蓋帆張筋への運動枝
鼓膜張筋への運動枝。この筋は、耳管に平行に走る側頭骨内の鼓膜張筋半管の中を走っている。

翼突下顎隙について

下顎枝と内・外翼突筋との間に生じる。上方は外側翼突筋下頭が位置し、前方は口腔粘膜に接する翼突下顎縫線(pterygomandibular raphe)から起始する頬筋が位置する。頬筋のすぐ後方には側頭筋の腱がある。

後方は咬筋、内側翼突筋を覆う頸筋膜浅葉の延長部分が合している。その後方には耳下腺がある。翼突下顎隙は側頭下窩の主要な内容物である。下顎枝と内側翼突筋との間には下歯槽神経、舌神経があり、下顎孔伝達麻酔の注入部位となる。また顎動脈、翼突筋静脈叢がある。

下顎骨と内側翼突筋の働き

下顎の挙上は、側頭筋、咬筋、内側翼突筋が協同で働く強力な運動である。この運動は、下顎頭が下顎窩に入り込む動きを伴う。

下顎の前進は、外側翼突筋が主に行い、内側翼突筋がこの運動を補助している。


「内側翼突筋」の文献・書籍など

【読み】

ないそくよくとつきん

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第2版3刷』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2019
『グレイ解剖学 原著第2版』, Richard L.ら, エルゼビア・ジャパン株式会社, 2013

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。