ブラケットハイト

「ブラケットハイト」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ブラケットハイトとは?

ブラケットハイトとは、エッジワイズ法におけるブラケット、チューブの位置付けのことである。



ブラケットハイトの決め方

ブラケットハイトには、
  • 切歯の切端
  • 犬歯や臼歯の尖頭・咬頭頂
から、
  • ブラケットスロット・チューブの咬合面寄り辺縁
までの距離を使用する。
この距離を唇頰側面に対し垂直に測定することでブラケットハイトを決定する。

ブラケットハイトの目安

ブラケットハイトは症例や歯種によっても異なるが、
  • 上顎:4.0〜5.0
  • 下顎:3.5〜5.0
ほどが目安である。


「ブラケットハイト」の文献・書籍など

【読み】

ぶらけっとはいと

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語