スタディモデル

「スタディモデル」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

スタディモデルとは?

スタディモデルとは、顎口腔系の診査、診断、治療方針の決定の資料として、あるいは治療記録として準備される上下顎石膏模型のことである。研究用模型ともいう。英語では「diagnostic cast」「study cast」と呼ばれる。

スタディモデルの目的

概形印象採得から製作されたスタディモデルを用いて、口腔内では十分に診察できなかった解剖学的特徴を観察することができる。

上顎では口蓋の深さ、顎堤の幅と高さ、顎堤の走向、上顎結節の大きさ、切歯乳頭の位置、口蓋ヒダの走向、口蓋隆起の大きさ、口蓋小窩の位置、上唇小帯と頬小帯の付着部、翼突下顎ヒダを観察し、口腔内の診察と比較する。

下顎では顎堤の幅と高さ、顎堤の走向、頬棚の範囲、下顎隆起の大きさ、レトロモラーパッドの大きさ、顎舌骨筋線の走向、下唇小帯と舌小帯および頬小帯の付着部、舌側溝の幅と深さ、翼突下顎ヒダを観察し、口腔内の診察と比較する。

また、義歯の予備設計、個人トレーの制作もスタディモデル上で行われる。

スタディモデルは個人トレーを製作するための模型でもあるため、歯肉唇移行部、歯肉頬移行部、舌側溝の幅と深さの概形が表現されていることを確認する。このように研究用模型は無歯顎患者の診断と治療計画の立案に欠かすことができない。

スタディモデルでわかること

スタディモデルでわかる項目としては、主に下記が挙げられる。

  • 残存歯や欠損部の形態
  • 咬合関係
  • 骨隆起の形態

歯冠歯根比、動揺度、歯の色、被圧変位量はスタディモデルではわからない。

スタディモデルの咬合器への装着の利点

スタディモデルの咬合器への装着には次のような利点がある。

① 咬頭嵌合位における上下顎顎間関係を詳細に観察できる
チェックバイト材を介さなければ咬頭嵌合位が定まらない場合、スタディモデルを咬合器に装着すると、咬頭嵌合位における上下顎歯の咬合接触関係や残存歯と欠損部顎堤との位置関係をよく観察できる。この場合、平線咬合器や平均値咬合器が用いられる。

② 模型を頭蓋あるいは顎関節との位置関係で観察できる
残存歯の挺出や移動により、咬合平面が左右的、前後的に傾いている場合、あるいは前歯部が欠損している場合などには、フェイスボウを用いて、頭蓋や顎関節との位置関係で模型を咬合器に装着し、観察することが有効である。

すなわちフランクフルト平面などの基準平面を参考にして咬合平面の傾きの程度を調べ、補綴すべき前歯の唇舌的傾斜の程度などを検討することができる。通常、半調節性咬合器を使用し、フェイスボウを用いて上顎模型を咬合器上弓に装着する。その後、顎間関係記録を介して下顎模型を咬合器下弓に装着する。

③ 咬頓嵌合位以外のさまざまな顎位における咬合接触関係を観察できる
咬頭嵌合位のほかに、下顎最後退位や偏心咬合位における不良な咬合接触関係が顎関節や筋に為害作用をもたらすことは前述のとおりである。このため研究用校型を下顎最後退位で咬合器に装着し、咬頭嵌合位や側方位および前方位の咬合接触関係を確認することがある。

この場合、まず測定用フェイスポウの一種であるヒンジロケータによって、皮膚上で蝶番点(ヒンジアキシスボイント) を求め、装着用フェイスボウの一種であるトランスファーボウによって、半調節性咬合器に上顎校型を装着する。次に下顎最後退位のチェックバイトを介して下顎模型を装着する。さらにチェックバイト法あるいはチューイン法によって咬合器の顆路を調節する。

「スタディモデル」の文献・書籍など

【読み】

すたでぃもでる

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『無歯顎補綴治療学 第3版』, 市川哲雄ら, 医歯薬出版株式会社, 2016.
『スタンダードパーシャルデンチャー補綴学 第3版第1刷』, 藍稔ら, 株式会社学建書院, 2016.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語